QLOOKアクセス解析

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料ⅩⅠ(11巻) Side Colors Ⅱ 感想

2009年05月12日 20:20

狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)
狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)

読み終わりました。
今回はホロとロレンスの短編二つに、
若き日のエーブの中編一つ。

短編の方は作者あとがきでもあったように、激甘仕様。
何この仲良し夫婦。
更に、挿絵の方のホロも相当可愛い。
なぜこんなに可愛いのかと考えてみたら、
この巻にはコルが出てきていなかったんですね。
やっぱり二人きりの方が会話のテンポがいいような…


中編はエーブメイン。
貴族から転落し、商人になるまでを描いた話。
この話内での名前はまだ貴族時代のフルールのままです。
本編とは大分雰囲気の違う商人としてはまだ未熟なフルールが、
大きな商売に手を出し、騒動に巻き込まれます。
最後の方は怒涛の展開で、一気に読み終わりました。
本編ではひたすら金儲けのことを考えていた彼女ですが、
こんな過去があったのか、としみじみ。
これを読むとエーブへの高感度が上がるかと思います。
アニメ2期へも登場するので余計楽しみです。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/92-c35a0e25
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。