QLOOKアクセス解析

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『みなみけ8巻』、『そんな未来はウソである1巻』感想

2011年03月10日 12:30

4063820068みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
桜場 コハル
講談社 2011-03-04

by G-Tools


久しぶりのみなみけ8巻。
相変わらずの安定した面白さ、そして不安定な頭身でございます。
ヤンマガで毎回見ているので、別段感想らしい感想はないのですが、
せっかくなので8巻の中で一番好きなエピソード、第148話の「ウソでした」をご紹介。

この話はトウマメインの、エイプリルフールでのエピソードなのですが、
カナが藤岡に「トウマは実は女の子」とバラしてしまいます。
もちろんエイプリルフールってことで、
藤岡はカナの言葉を額面通りには受け取らないのですが、
「どうりでトウマは可愛いわけだ」とカナの嘘に乗っかります。
当然、トウマは赤面。逃げるように南家を後にする・・・ってな展開ですね。

この話の何が好きなのかと言われれば、
もちろん人並みの女の子らしいリアクションを取ったトウマですよ。
普段は男子以上に粗雑な行動をしているのに、意外と女の子らしい一面も持っている。
しかも藤岡から、面と向かって可愛いと言われたわけですからね。
ニヤニヤが止まりませんよー笑
うん、やっぱりトウマの「女の子云々」の話は外れがないなあ。


でもって、みなみけ8巻と同時発売の「そんな未来は嘘である」
4063759806そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
桜場 コハル
講談社 2011-03-04

by G-Tools

桜場コハルのアナザーワールド、と銘打たれているけれども、
基本的なテンションやら雰囲気やらネタのテイストやらは、みなみけと大差はないです。
ただみなみけと違うところは、ラブコメ要素の占める割合が大きいところ。
そして、ストーリーらしきものがあるところ。
先がどうなるのか気になる、ってのはこの作者さんの作品では珍しい笑


読んでみての感想としては、普通に面白い。
みなみけが好きならば、何の取っ掛かりもなく好きになれる作品だと思います。
ただ、『未来が見える』能力と『嘘を見抜ける』能力があるために、
話しが面倒くさくなりがちなのがネックか。
まあ、それがこの作品のメインではあるのだけれども。
物語はまた序盤ですが、一体このお話がどんな方向に転んで行くのやら。
とりあえず、次巻を待ってます。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/756-4796ae03
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。