QLOOKアクセス解析

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録(インデックス)21巻 感想

2010年08月12日 23:42

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈21〉 (電撃文庫)
とある魔術の禁書目録(インデックス)〈21〉 (電撃文庫)

今秋二期も放送される禁書目録の21巻。
やっとこさ読み終わったので感想をば。


さて、前巻に引き続きロシア編。
今回は敵大将であるフィアンマがいよいよ本格的に動き出し、
彼の手下にはなんと天使が。
科学サイドの兵器も何の意味も為さず、上条さんはまさに絶体絶命!

…てな展開なんですが、個人的にはちょっと楽しめなかったかも。
多分あれですね、戦闘シーンが多すぎた。
ストーリー的な進展はさして無く、のっけから終盤までほとんど戦闘一色。
マンガやアニメならともかく、文字媒体でこれをやられると、
読んでいて、さすがにちょっとダレてしまった。
しかも、上条や美琴の登場シーンもかなり少ない。
それが今回読むのを辛くさせていた要因の一つでね。
浜面や一通の絡みなんかは結構楽しかったのだけど、
あまり興味の無いキャラが延々と戦闘繰り広げてるのは、ね。
あ、でも、アックアは恰好良かったっす笑
やっぱりあの手の渋いおっさんが頑張ってる姿は、熱くなるな。
この巻で一番の見どころはアックアだったと思う。
ラノベで、おっさんが見どころって。

まあ、作者あとがきで「一冊の本を真ん中で真っ二つにした」
とのことなんで、次に出る22巻ではキャラ同士の掛け合いに期待が持てるのかも。
来季からはアニメも始まるし、合わせて楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
ラノベの感想探すならここ!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/529-27b0d2b8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。