QLOOKアクセス解析

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の一存 「生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8」感想

2010年06月27日 15:42

生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)
生徒会の八方  碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)

八巻は駄目主人公過ぎて萎えた。
そして、ついにあの人たちが陥落!

※ネタバレありです
・あらすじ
ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ!美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、今日も何かと戦っております!今、すべてに決着をつけるため、アイツが帰ってきた。「何も傷つけたくないなら、今すぐ死ね。死にたくないなら、何かを傷つけることを躊躇うな」あばかれる本当の想い、互いへの疑心、失われた言葉、開かれる記憶の扉―そして、少女は決意する。「この気持ち…確認させて…くれない、かな」少年少女の日常をみずみずしく描いた青春小説の傑作「生徒会の八方」


というわけで八巻。
内容はいつも通り生徒会の駄弁りと、生徒会室以外での活動チラホラ。
多少一話当たりのページ数が多くなり、
話数が減っているけれどもほとんどいつも通り。
けれど、今巻は今までとはまるで違う!
なんと深夏と知弦のデレが来た!
知弦はセリフに本音が付けくわえられるという状況で、
深夏は鍵が他の女子と仲良くしているのを見て、
それぞれが鍵への好意を自覚、再認識してました。
『四散』で真冬が既に告白しているし、
ハーレム完成まで、残るは桜野くりむただ一人!
いや、彼女は既に陥落しているか。

メンバーの中で深夏が一番気に行っていた自分にとっては、
八巻はかなり嬉しい展開でした。
しかもデレた途端に軽くキスまで…!
「デレる気配が微塵もない正統派ツンデレ」の二つ名は返上ですね。
けれど、ハーレムに向かえば向かうほど、
何だか終わりが近づいて来ているようで少し寂しい。
ストーリーも卒業式目前の佳境だし。

それと「七光」の最後に飛鳥が漏らした願望、その答えを鍵は出しました。
「俺は、何よりも誰よりも、『俺の幸せ』を最優先する!」
人の想いを踏みにじっても自分の幸せを追い求める。
でも踏みにじった人をそれ以上に幸せにしてみせる。
不誠実極まりないけれど、どこまでも誠実な男だ
とりあえず、ラノベ主人公としては行くべき道を行ってるね。
人としては道を踏み外してるけど笑
とりあえず、自身の気持に気付いた生徒会メンバーが、
次巻でどう動くかが楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
ラノベの感想探すならここ!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/461-f6e64103
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。