QLOOKアクセス解析

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「A&A アンドロイド・アンド・エイリアン 未知との遭遇まさかの境遇」 感想

2010年04月26日 23:24

A&A アンドロイド・アンド・エイリアン 未知との遭遇まさかの境遇 (角川スニーカー文庫)
A&A アンドロイド・アンド・エイリアン  未知との遭遇まさかの境遇 (角川スニーカー文庫)

第14回スニーカー大賞“奨励賞”受賞作。
個人的には大賞を受賞したシュガーダークよりも
ラノベとしてはかなり面白かった。


・あらすじ
岩の怪物に襲われた高校生・神崎光輔が目覚めると、そこには美少女イリアの姿が。彼女は自分が宇宙人で、完成間近のアンドロイドに光輔の意識が転移してしまったと告げる!!極度の人見知りだけどアンドロイドには超強気、しかも地球文化を誤解しているイリアに光輔は振り回されっぱなしで―!?アンドロイドとエイリアンが巻き起こすドタバタ異文化コミュニケーション、スタート。


・個人的評価
ストーリー3
キャラクター5
文章4
挿絵4
総合点16


評価1~5(5が最も良い)

まずなによりも、ヒロインであるイリアのキャラクターが良い!
愛嬌があるというか、何と言うか。
所謂「萌え」とは違った、動物的な可愛さがある。
特にタイ焼きを差し出す所の挿絵は、個人的にかなり高評価。

文章自体はあっさりしていて読みやすい三人称。
ただ、作品の雰囲気と主人公の感情とに温度差を感じた。
物語の雰囲気はポップな感じなのに、
主人公は変わってしまった自分に対しての葛藤がかなり大きくて、
どこかギクシャクしたイメージ。
まあ、ギャグ調な中で自分の存在が無くなるという、
シリアスな葛藤を描くってのは難しいのだろうけどね。

最後の展開は、元々完結していたものを次巻に繋げるために、
無理やり捻じ曲げたような違和感はあったものの、
次が読めるのなら文句は無いです。
次は夏らしいので、今から楽しみ。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
ラノベの感想探すならここ!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/393-d8e117c9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。