QLOOKアクセス解析

お勧めアニメ紹介

2009年01月16日 15:06

気が向いた時にお勧めのアニメやマンガ、映画などを紹介していこうと思う。
評価は☆1~10で10が最高。なお、僕の目は節穴であることを理解して頂きたい。


「プラネテス」 ☆10

近未来、宇宙に進出し宇宙旅行が当たり前となった時代に、
宇宙ではスペースデブリと呼ばれるゴミが点在しており、
シャトルと衝突するなどの社会問題になっているという話。
主人公の八太郎はそのデブリを回収作業をすることが仕事のサラリーマン。

とにかくクオリティーが高いの一言。
ただ単に作画のクオリティーが高いと言うことではなく、ストーリーの内容も濃い。
特に後半にかけての疾走感は一話一話毎回圧巻させられる。
八太郎(通称ハチマキ)が夢を持ちながら一社員として日々を過ごす苦悩が
丁寧に描かれているのはもちろんだが、個性の他のキャラクター一人一人に
様々なエピソードがあり、それがストーリーに深みを持たせている。
最近の萌えアニメだとかに飽きている方は必見。


「THE ビッグオー」☆9

演出、世界観、作画、キャラクターの全てが僕の好みにマッチしていた。
100年後の世界、『記憶を失った街』パラダイム・シティが舞台。
街の人々は40年前に起こった「何か」によって記憶を失っており、
この街以外の人間は全滅しているという設定。

この作品はとにかく主人公のロジャーが格好いい。
敵であるシュヴァルツヴァルトと対峙したとき
ビッグ・オーの突き上げた拳の上で腕を組み立ちはだかるロジャーの姿は必見。
あのシーンはアングルがとにかく素晴らしかった。
そして女性型アンドロイドであるドロシーとロジャーの掛け合いが見ていて面白い。

ただ、作品全体の雰囲気としてはどこか寂しい感じがする。(戦闘シーンは熱いが)
また人によっては好き嫌いがハッキリわかれるだろう。
特にセカンドシーズンの2話辺りでのラストシーンは見た人によっては嫌悪を感じるだろう。
僕もその後しばらくブルーになった。
だがそれも魅力の一つと言えばそれまでなのかもしれない。


「超時空要塞マクロス」 ☆7

言わずと知れたSFロボットアニメのその初代。
この作品の見所は主人公の輝を取り巻くキャラクターが立っているということではないだろうか。
天才マックスだとか見方殺しのカムジンだとか主人公以上に魅力があるキャラクターが多い。
特にオペレーターの美沙さんは僕の知る限り最も最古の、そして年増のツンデレである。
もちろん戦闘シーンも素晴らしい。板野サーカスは何度見ても飽きない。
ただ残念なのはアフターストーリーが不必要だったように感じた点だ。
戦争終結と同時に終わっていればかなりキレイな終わり方であったろうに。
それと25年前のアニメなので作画、画質云々は目を瞑る他無い。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/32-1ec75728
    この記事へのトラックバック


    最新記事