QLOOKアクセス解析

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アクセル・ワールド〈4〉―蒼空への飛翔」感想

2010年02月16日 18:26

アクセル・ワールド〈4〉―蒼空への飛翔 (電撃文庫)
アクセル・ワールド〈4〉―蒼空への飛翔 (電撃文庫)

あとがきに、まんまと納得させられました。

・あらすじ
日常で“ブレイン・バースト”を巧みに使いこなし、中学内格差の頂点に君臨する謎の新入生・能美征二。ハルユキは、能美の狡猾な策略によって自身の“翼”を奪われ、完全敗北を喫した。―しかし、ハルユキは、再び立ち上がる…。


・個人的評価
ストーリー5
キャラクター4
文章力4
挿絵4
総合点17

評価1~5(5が最も良い)

前回かなり中途半端な所で終わった今作。
作者あとがきで、見事に納得させられました笑
ああ言われちゃあ何も言い返せませんね。
確かに、ページ数が無くなってくるとそろそろ終わりか…。
と物語の終わりに気づいちゃいますからね。
良い意味で裏切られました。

さて本編。
熱いぜ! めちゃ熱いぜ!!
やはり敵が完全な悪、
というのはよく見るパターンであり、
王道で使い古されたパターンなんですが、
その王道をこうも気持ち良くやりきってくれるとは。
読んでいてスカっとしますね。

前巻までは、心意システムに疑問を持っていました。
システムの枠を超えてって展開があまり好きではなかったので。
やるなら限られた条件下でやれよ、と。
けれど、今巻で心意システムが元々予定されていたシステムであるようなので、
一安心です。今後はこの力を中心に物語が展開していくのだろうか。

挿絵に関して。
チユリの下着姿が(ry
とりあえず、今まで加速世界のアバターの挿絵が、
物凄く分かりづらかったんですが、
今回は分かりやすかった。
それよりもチユリの下着姿が(ry

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
記事が気に入って、ポチっとしてくれると励みになります!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/307-a5aaf780
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。