QLOOKアクセス解析

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後限定勇者さま。 (電撃文庫)  感想

2010年01月14日 17:21

放課後限定勇者さま。 (電撃文庫)
放課後限定勇者さま。 (電撃文庫)

タイトルに惹かれたので購入。
以下感想。
(初見でも支障が無い程度のネタバレ有り)

表紙裏あらすじ↓

『将来の夢はニート、もしくは引きこもり』である人生マイペース主人公・格里終夜は、なぜか突然異世界に召喚された。そして、いかにもファンタジー世界な宮殿の中で、露出が激しい装備品を着けた美少女から、「ともに魔王を倒してくれ」と誘われた。よくよく話を聞いてみると、どうやらぼくは勇者らしい…って、なんだ、このベタな展開は!?今日びゲームでもそんな展開は飽きられてるってのに…。てか、ぼくはただのニート志望の高校生なんだけど。―そんなニート“勇者”が世界を救う!?学園×異世界で贈る露出系ハイブリッドストーリー。


とりあえず露出多いなー^^;
露出は必要あるのか、ないのか。
完全にサービスのみだね。

物語の方は、異世界での冒険を期待していただけに、
中盤までグダグダする展開がどうにも読むの疲れた。
主人公とヒロインが仲良くなる過程として
楽しむべきなのかもしれないけれど、
自分にはちょっと無理だったなー。
物語に起伏が無くて単調な印象。

逆に後半はかなり迫力がありました。
物語にグイグイ引き込まれましたね。
けれど、普段の町(人々)の様子がどのようなものであるかが、
少し伝わりにくかったため、
町が破壊されても危機感と言うか、
悲壮感があまり無かったかな。


人物に関してはレギンレイブ族がかなりツボ。
彼らの会話はテンポが良くて楽しいね。
逆に主人公のキャラはあまり好きになれなかったかも。
ニートを目指す理由は、
理解できるんだけど納得できないような。
まあ成長と言うか、心境の変化なんかは
よく描かれていてグッドでした。

後半の勢いをもう少し前半から散りばめられたら、
かなり面白かったと思います。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
ラノベの感想探すならここ!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

     ※今後の展開のネタバレは避けてもらえると幸いです。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/262-800ae312
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。